【Python】for rangeの使い方

Python

Pythonでfor文の応用に悩んでいる人「for文は確かにリスト全ての要素に対して同じ処理を行えるがけど、そもそもリストを作るのが面倒。何かいい方法はないかな?」

こういった疑問に答えます。今回はfor文にrange関数を応用することでfor文の使い勝手がさらに良くなるのだということを解説します。

本記事でわかること

  • range関数の初歩的な使い方
  • for rangeの使い方

【Python】for rangeの使い方

今回の記事では、繰り返しの制御構文forに組み込み関数range()を用いる方法について解説していきます。まず制御構文のforに関して詳しく知りたい方はこちらのfor文の使い方の記事をご覧ください。そして、組み込み関数の理解もある程度必要です。こちらについては本記事で解説しています。

range関数の使い方

ここではrange関数の初歩的な使い方について解説していきます。range関数は簡単にいうと、すごく簡単にリストを作成してくれる組み込み関数のことです。range関数により詳しく知りたい方についてはこちらのrange関数の使い方に関する記事を参考にしてください。今回の記事では本筋からは逸れているので初歩的な部分のみを紹介します。
結論、以下のようなテンプレートで要素が0から(x-1)までの整数のリストを作成することができます。0からx個の要素という意味なので、xが含まれないことに注意してください。

テンプレート

  • range(x)

こちらのテンプレートを用いたサンプルコードが以下になっています。

li=range(5)
print(list(li))
#[0,1,2,3,4]

printの中身はprint(li)ではなく、print(list(li))です。後者でリストの要素全てを出力することができます。

for rangeの使い方

ここからが本題です。for rangeを使う際のテンプレートは以下になります。

テンプレート

  • 1.for 変数名 in range(x)
  • 2.処理文

こちらが基本形です。こちらを用いて、0から4までをそれぞれ出力するサンプルコードが以下になります。

for i in range(5):
    print(i)
#
0
1
2
3
4

発展

でもふと疑問に思うことがありませんか?例えば、1から5までを出力したいときや、2,4,6を出力したい時などです。こういった時にも実はfor rangeで対応が可能です。それぞれのサンプルコードが以下になります。そしてこのコードの意味を理解するためにはrange関数を理解しておくことが必須です。ですのでこちらのrange関数の使い方に関する記事の参照を強く推奨します。

l=range(1,6)
for i in l:
    print(i)
#
1
2
3
4
5
l=range(2,8,2)
for i in l:
    print(i)
#
2
4
6

まとめ

本記事ではfor rangeの使い方について解説していきました。for rangeの使い方は以下に再掲しました。

テンプレート

  • 1.for 変数名 in range(x)
  • 2.処理文

今回の記事はここまでになります。ご覧いただきまして有り難うございました。