【Python入門】print文を用いた文字列の出力【初心者向け】

Python

 

Pythonの文字列出力に困っている人「pythonで文字を出力する方法を知りたい。調べても計算や文字と数字の計算出力ばかりで、もっと基本的な文字の出力が知りたい。」

上記のような悩みを持った方向けの記事になっています。本記事を読むことで、pythonで文字の出力を行えるようになります。加えて、初心者の方が陥りやすいミスにも言及しているので、なぜかエラーが出る方の解決を手助けする記事になっています。

本記事でわかること

  • pythonでの文字列出力方法
  • よくあるミスと正しい書き方

 

【Python入門】print文を用いた文字列の出力【初心者向け】

 

今回の記事ではPythonで文字を出力する方法を解説します。他のプログラミング言語に比べてpythonは記述量が少ないため、プログラミング初心者でも学びやすいです。

本記事の本題にうつりましょう。

  

Pythonで文字を出力する方法

以下の青枠内の書き方を覚えましょう。こちらがpythonにおける文字の出力方法です。

  • print(‘出力したい文字’)

 

こちらの文字出力のルールを守ってHello Worldを出力してみましょう。以下が正しいコードです。

print('Hello World')
実行結果
Hello World

このように文字の出力が簡単にできてしまいます。

 

文字列を出力する際によくあるコードのミス

ここからはよくあるミスを挙げていきたいと思います。どれも文字出力コードをしっかりと暗記できてないことによるものです。なので、大文字小文字含めてしっかり形を覚えましょう。

よくあるミス1

>
print('Hello World)
実行結果
エラー

どこが間違っているか分かりますか。引用符’が抜けてしまっています。結果的にエラーが出力されます。

 

よくあるミス2

Print('Hello World')
実行結果
エラー

こちらは最初のpが大文字になってしまっています。このようなミスは避けましょう。

 

まとめ

今回はpythonの文字出力方法について記述しました。以下にそのコードの形を再掲します。とても単純なので覚えることをおすすめします。最後にもう一度文字列を出力する方法を共有します。

  • print(‘出力したい文字’)

 

今回の記事はここまでになります。ご覧頂きまして誠に有り難うございました。