【実質無料】Web制作スクール3選【現役エンジニアが穴場紹介】

WEB

web制作で稼ぎたい初心者「web制作を学びたいけどスクールに通うのってどうなのかな?おすすめのスクールとかも聞いてみたいな」

以下について解説します。

本記事でわかること

  • スクールに通うのは大失敗?
  • スクール選びのポイント
  • おすすめのWeb制作スクール【現役エンジニアの僕が厳選】

本記事の信憑性

先日Twitterで以下のツイートをしました。

とその後すぐに80万の案件を受注しました!

こんな感じで順調に案件を受注している僕ですが、web制作の学習を始めたのは2021年2月。こんな僕がしっかりと稼げる人からのアドバイスがほしいということでこの記事を書いています。

※先にスクール以外の最強ルートをお伝えします

それがエンジニア就職(転職)です。スクールでは、お金を払いながらスキルを身に付けますが、その発想を覆します。

エンジニアに就職すれば、「お金をもらいながら」スキルを身につけることができます

下記のエンジーニアス転職さんが実施している無料相談では、IT未経験者でも、スキルに不安があっても、貴方に合った優良なIT企業を紹介してくれます。

ぜひ迷っている方は、無料ですので一度相談してみてくださいね。

>>まずは無料で相談してみる

スクールに通うのは大失敗?

いきなりですが、想像してみてください。あなたはどちらの未来に魅力を感じますか?

未来A
1年間のんびり独学(費用:5000円)
1年後に10万円の案件獲得!
1年後の成果:10万円-5000円=9万5000円
未来B
3ヶ月間猛勉強(30万)
4ヶ月目から毎月コンスタントに10万円の案件を獲得
1年後の成果:90万円ー30万円=60万円

未来Aの方が出費が少ないですが、未来Bの方が1年後に稼げる金額(利益)は圧倒的に多いです。

どちらがいいか答えは出てますね。未来Bに決まっています。みなさんにもこの感覚をもってほしいなと思って最初にお話しをさせてもらいました。

本題に入りますが、Web制作を勉強する方法としては主に以下の2つがあります。

  • 独学(本や教育サイト)
  • スクールに通う

本記事ではスクールに通うことのメリットを紹介していきます。その後に皆さんが知りたいであろうデメリットも詳しく解説していきます。

スクールに通うメリット・デメリット

スクールに通うメリットは以下の通りです。

  • メリット①:短期間でスキルを身につけられる
  • メリット②:わからないところをすぐに聞ける

メリット①:短期間でスキルを身につけられる

大前提として、スキルを短期間で習得してしまえばそれからは稼ぐだけなのでスキル習得は早ければ早い方が有利です。

そして、スクールに通うと独学よりもスキルの習得は格段に早いのは明らかです。

僕の周りを見てみると、スキル習得するのに
独学:約1年
スクール:3ヶ月

上記のような違いがあります。

1番最初にも話しましたがこれから1年というスパンでみると、最初はスクールの方がお金がかかりますが、最終的にはスクールに通う方が稼げます。

メリット②:わからないところをすぐに聞ける

メリット2つ目は「わからないところをすぐに聞ける」という環境です。これが結構大切なんです。

プログラミングの勉強はエラーとの戦いです。なので学習を進める上でエラーの原因と解決方法をすぐに見つけ出すことが肝心になります。

僕の体感ですがネット検索と知っている人に聞くのとではエラー解決までの速度が10倍くらい違う気がします。

独学:ネットで検索(なかなか解決策が見つからず時間がかかる)
スクール:講師に聞く→解決策をすぐに知れる→次に進む

ここまではスクールに通うメリットをお伝えしてきました。ちなみに僕がおすすめするスクールは「Tech boost」ですね。

1人の生徒に1人のメンターが必ずついてくれます。わからないところをすぐに聞け、サクサクとWeb制作の勉強ができるはずです。スクールに通う意志が少しでも湧いたという方は、習うより慣れろです。今なら無料でスクールがどんなものか体験できます。

くすぶっている人よりも一足先に進んでしまいましょう!

くすっている人へ。スクールに通うにはデメリットももちろんあります。このデメリットを知らずにスクールに入会すると後悔することになるかもしれません。

スクールに通うデメリットは以下の通り。

  • デメリット①:高額な費用
  • デメリット②:時間と場所の束縛がある

デメリット①:高額な費用

スクールに通うことの一番のデメリットはやはり「高額な費用」です。

どれだけ安くても30万円程度は必要になってきます。

ただ僕からするとなんて安いんだろうという感じです。最初に30万円は必要になるが一旦スキルを身につければそれで今後10万/月の案件を獲得する力は十分に備わっていると考えてOKです。実際に僕がそうでした。

勉強を始める前は案件獲得できるかビビってた僕ですが、勉強を終えた次の月から3ヶ月で100万くらい稼げました。

つまり最初にも話しましたが、

未来A
1年間のんびり独学(費用:5000円)
1年後に10万円の案件獲得!
1年後の成果:10万円-5000円=9万5000円
未来B
3ヶ月間猛勉強(30万)
4ヶ月目から毎月コンスタントに10万円の案件を獲得
1年後の成果:90万円ー30万円=60万円

スクールに通うと未来Bのような未来が待っており、1年後には独学した場合(未来A)よりも多く稼いでいます。

なので初期費用がかかることは僕からするとデメリットとしては見てませんね。

デメリット②:時間と場所の束縛がある

デメリット2つ目は時間と場所に束縛があることです。

最近、場所に関しては概ねオンラインでの受講が浸透してきたので問題ないですが、時間に関してはけっこうきついです。

例えば、今日の19時から講座を予約してたがいきなり遊びに誘われた。遊びにはいけずにしょんぼり。みたいな感じです。

今日は疲れたし、時間もあまり無いから勉強は明日にしようということもできません。

ただ、これがデメリットに見えて実は僕からするとメリットなんです。

僕は出来ることなら勉強とかを後回しにするタイプなので強制感がないと勉強しません。逆にいうと、強制感がないと勉強をしないタイプなので今まで散々独学で失敗してきました。

僕みたいに「あんまり意志が強くない」「途中で諦めてしまいがち」という方はこのデメリットがメリットに変わります。

ここまで聞いて、自分もスクールに通おうかなと思った方々、以下のような疑問をお持ちではないですか?

Q「平日は働いているからプログラミングスクールに通う時間があるか心配。」
A:プログラミングスクールに通う方の9割は働きながら通っている人たちなので問題はありません。休日に時間をつくれるなら、平日は1,2時間ほどの勉強で十分です。
Q「スクールの授業内容が難しくてついていけないこととかってありますか?」
A:結論、あります。解決方法としては、メンターの方が生徒に1人ついてくれるようなスクールを選ぶことです。メンターの方に相談すれば、授業の振り返りもしてくれますし、手厚いフォローがもらえます。メンターがいるところなら基本、授業に置いていかれる心配は皆無です。
Q「塾とかに行ってたけどよくサボって成績が上がらなかった、Web制作スクールにいってもついサボっちゃうんじゃないかと不安。」
A:僕は塾でサボってた人でもスクールではサボらないと考えてます。というのも、塾は親御さんがお金を払っていたはずですが、スクールは自分のお金を出してまで通うわけですから、元を取ろうとする意志が湧いてきてサボらずに出来るはずです。
Q「プログラミングスクールの情報が多すぎて、、、口コミも良いのと悪いのが両方あるし選べない。」
A:確かに、スクールはたくさんあります。スクールを選べないとのことですが、自分の中で一番大切にする軸を何か1本決めるとスムーズに選べますよ。次の章では、僕が一番大切だと思う軸で選んだスクールを紹介しています。
Q「30代だとプログラミングスクールに通うのはもう遅いですか?」
A:結論、ラストチャンスだと思います。そういう方こそプログラミングスクールに通うべきです。もう残り時間も少ないためすぐにスキルを付けられる勉強法を選ぶべき。20代と違い30万くらいの金額なら今すぐ出せる人も多いはずです。20代の若者が出しているのに30代が躊躇するんはどうかなと。

まだ、スクールに通うべきか迷っている人へ。本気でWeb制作のスキルを付けたいと思っている人で以下の2つの要素両方に当てはまる人はWeb制作を勉強するのにスクールを利用した方がいいです。

  • 何かを途中で諦めてしまったことがある人
  • 学校の勉強で教科書を読んでもあまり理解できなかった

Web制作スキルの勉強は先述しましたが、エラーとの戦いです。エラーが出まくりモチベがどんどん下がっていく人がたくさんいます。諦め癖がある人はなおさらです。

プログラミングスクールは強制的にあなたに勉強させるので、途中で投げ出す心配もありません。また、独学と違い自分で教科書を読むわけではなく講師が説明してくれるので、教科書を読解するのが苦手な人もピッタリです。

Web制作を学ぶスクールを選ぶ際のポイント

Web制作を学ぶスクールを選ぶ際は、以下の3つのポイントを踏まえて選ぶようにしましょう。

  • 受講体系
  • メンター制度の有無
  • 転職サポート

受講体系

スクールによって受講可能な時間や場所が異なるので、確認しておきましょう。

おすすめは、オンラインでいつでも受講可能なスクールを選ぶことです。

理由:社会人や大学生はアルバイトや仕事など、さまざまな時間の制約が多く、決められた時間に決められた場所で受講することは難しいため

メンター制度の有無

Web制作スクールを選ぶ際はメンター制度の有無を確認することが必須です。

僕の意見ですが、メンター制度がないスクールはそれだけで行く価値なしかなと思います。

  • モチベを維持してくれる
  • わからないところをすぐに聞ける

メンターがいる場合の上記の2点のメリットがでかすぎます。

転職サポート

Web制作業界への就職や転職を考えているのであれば、転職サポートの整ったスクールを受講しましょう。

自分の経歴やスキルに合った就職先を紹介してもらうことができるため、転職・就職活動を行う必要がありません。

将来、フリーランスで働きたいという方は、気にする必要はありませんが、企業への就職を考えている方は、転職サポートの有無もチェックしておきましょう。

おすすめのWebスクール

結論、僕がおすすめするWebスクールは以下の4つです。最後に結局どれが一番おすすめか言います。

  • GEEK JOB
  • CODE×CODE
  • TECH BOOST
  • ZERO PLUS

ざっくりとした特徴はこんな感じです。

料金 学習スタイル 期間 こんな人におすすめ
GEEK JOB 66,000~132,000円 オンライン 2か月 短期間で学習を終わらせたい方
CODE×CODE 144,000~288,000円 オンライン 8~12週間 個別指導で学習したい方
TECH BOOST 126,500~219,780円 オンラインor教室 3~12カ月 エンジニアとして働きたい方
ZERO PLUS 492,800~657,000円 オンラインor教室 6カ月 フリーランスを目指している方

GEEK JOB

GEEK JOBは転職に強いスクールとして話題となっています。また、オンラインスクールとなっている為、自宅やカフェなど場所を選ばずに学習することができます。

受講期間は約2か月で、料金は社会人の場合132,000円、大学生の場合は66,000円となっています。料金は他のスクールと比べると良心的な料金となっており、低価格でWeb制作に関して学習することができます。

GEEK JOBで学べる内容は以下の通りです。

  • HTML/CSS
  • jQuery
  • JavaScript
  • MySQL

この他にも専門的な言語を学習することもできます。

CODE×CODE

CODE×CODEは、担当教師の個別指導を受けることができるオンラインスクールです。

他のスクールと違い、テキストと動画を使用したEラーニング方式で学習を行っていきます。料金は288,000円となっていますが、現在学生限定のキャンペーンを行っており、学生は半額の144,000円で利用することができます。

CODE×CODEで学べる内容は以下の通りです。

  • ネットワークの基礎
  • 各種プラウザの構築
  • Python基礎

>>CODE×CODEの無料体験はこちら

TECH BOOST

TECH BOOSTは、現役エンジニアによるサポートや充実のキャリアサポートが魅力のオンライン/通学を選べるスクールです。

週1回現役エンジニアによるメンタリングが行われるため、全員がきちんと学習を進めることができます。料金は2つのコースにより異なり、スタンダードコースの場合126,500円、ブーストコースの場合219,780円となっています。

TECH BOOSTで学べる内容は以下の通りです。

  • HTML/CSS
  • ベーシックターム
  • 要件・ユーザー定義
  • オリジナルアプリケーションの開発

無料の説明会も行っているので、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

ZERO PLUS

ZERO PLUSは、フリーランス特化型のプログラミング合うクールとなっています。通学orオンラインは希望で選ぶことができます。

ZERO PLUSで6カ月学習すればエンジニアの1歩を踏み出せると話題になっており、長期間をかけて学習をできる環境が整っています。料金は、池袋校で受講する場合は492,800円で計34回のレッスン、オンラインの場合は657,000円で計30回のレッスンを受講することができます。料金は、他のサービスよりも高いですが、レッスン内容のクオリティが高いので妥当なお値段といえます。

ZERO PLUSで学べる内容は以下の通りです。

  • Webデザイン
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • WordPress

ZERO PLUSも無料の相談会を行なっています。ぜひこの機会に参加してみてください。

結局どこが1番おすすめなの?結論:TECH BOOST

僕の個人的な意見としておすすめするとしたら「TECH BOOST」一択ですね。

先にこのお話だけさせてください。僕の周りでは何十人、何百人という人たちがWeb制作の勉強を途中で諦めて去っていきました。残念なことにスクールに通っていた人もその中に多く含まれます。

彼らの話を聞いていると1つだけ共通する理由がありました。

それが、モチベーションが続かないからという理由です。

99%の人が上記を理由にWeb制作をやめていきます。

僕は知っています。僕のようにWeb制作で稼ぐためにはWeb制作の学習を完了させる必要があることを。そのためには、モチベーション維持が絶対必須であることを。

そこで、僕がお勧めするスクールが生徒1人につき1人の担当メンターが付き、学習の進捗管理からモチベーションのサポートに徹底的に力を入れている「TECH BOOST」です。

ここまで、モチベーションのサポートに力を入れてくれるスクールは他にはありません。

たしかに、他のスクールは100%の就職保証をしてくれています。それは本当にすごいことだと僕も思います。ただし、その裏にはモチベーションが続かなくなって途中で辞めていった生徒たちはそもそも母数にカウントされていません。

ぶっちゃけ、スクールに通ってWeb制作の勉強をしっかり最後までやり遂げることができれば誰でも就職するスキルがつくのは当たり前なんです。ただ、「Web制作の勉強をしっかり最後までやり遂げること」がとっても難しいんです

途中でモチベーションをなくして、ただ講師の話をきいているだけになったりする人も多くいます。

Q「できれば転職に強い方がいいんだけど。。。」
A:100%の転職保証などの数字はありませんが、運営会社がエンジニアの人材領域に特化した人材紹介サービスを元々運営している為、質の高い転職サポートが提供されます。
Q「オンラインでも受講できたりする?」
A:可能です!完全オンライン対応ですのでオンライン受講でどこででも学習できます。
Q「35歳なんだけど、もう自分には遅いかな。」
A:そんなことは決してありません。むしろ35歳はTECH BOOSTが力を入れている対象年齢(10代、20代、30代)になります。

今なら無料の相談会を開いてくれてるので、興味のある方は以下のリンクから申し込みしてください。

ここで無料でさえも行動できないとなると一生行動できないと思った方がいいかもです。少なくとも自分で案件を取ることはできないと思います。(=稼げないってことになっちゃいますが)

今、日本でははIT人材が足りてないと言われています。その数120万人。いずれ、IT人材の不足も時間の問題で治るでしょうから今が一番のチャンスです。

最後に逆転の発想をお教えします。

これは書くのがいいかかなり迷いました。

何かというと、エンジニア企業に転職してお金をもらいながら勉強をするというやり方です。

  • 実践的なスキルをつけたい
  • お金も稼ぎたい

というわがままな願いを叶える方法になります。

一応、僕が知っている中で「未経験でも転職が可能」で「登録までが一番楽」にできるサイトを下に載せておきます。

>>エンジニア転職サイトはこちら

もしかすると、そこで力が見出されてメキメキ成長ということもあるかもですね。

まとめ

今回はWeb制作スクールについて解説させていただきました。

現在、様々なWeb制作スクールがあり、どのスクールを選べばいいのか悩むことも多いと多いと思いますが、上記で紹介したポイントに気を付けて自分に最適なスクールを選んでいきましょう。

Web制作業界は人材不足に直面している為、今がチャンスです!!

最後になりますが、以下のLstepでは営業術・チーム化・自動化を発信しております。フォローすると時給が大幅に上がります!

>>Lstepへのログインはこちら